to bottom

azumino.jpg


  8月31日 (火)
夜半から猛烈な雨風になり、しばしば目が覚めてしまいました。朝5時過ぎに起きて外を見るとまだ風は強く、背の高い野菜が倒れたり傾いたりしています。6時過ぎになると少し穏やかになって薄日のさす空模様になってきたので外へ出て畑の手入れ。つっかい棒をしていなかった紫蘇の木はほとんど倒れ、ネギも半分ほど横倒し。向日葵も傾いて、一時間ほどかけて収穫をしたり修復をしました。まったくこの台風め。

オリンピックも終わり、8月最終日。池田町では学校はすでに始まっていますが、大抵は明日から新学期。いろいろ入れ替わって新しくなる時期です。
私も昨夜遅くまで例のPCのやり直しをしておりましたが、今度はうまくいきました。サウンドカードのドライバもうまく読み込んだし、ソフトも無事にインストールされてパーフェクトなマシンに仕上がりました。試しに囲碁ソフトと対戦(コンピュータに4子置かせて私が白)したら完璧に私の負け。相当に力が落ちているらしい。マシンを壊してしまいたくなりました。自慢するんですが、これは大変お得なマシンです。私が今使っているメインマシンよりバランスが取れてはるかに性能はいい。
よく聞かれるんです。一体いくつ作れば気が済むんですか。これをどうするんですか???・・・。
昨日マイクと久しぶりにチャットをしていたのですが、彼も最初は「Cool!」と言っていたのに、そのうち「I KNOW you are crazy」となってしまいました。がっくり。自覚してるんですけどね。
そのように質問する人には、ときどきマシンを組み立てないと、一旦覚えたことも忘れるし新しい知識を取り入れることができないからね・・・ということにしています。なかなかいい言い訳でしょ。もちろんオークションなどを利用して出来るだけ安くかつ性能のいいものを作るというコンセプトは忘れずに。・・・と、どこからか「節約!」という声が。のりちゃん・・ゴメンナサイ(声が小さくなる)。

というわけで、台風が去り、オリンピックが去り、8月が去り、PCフィーバーが去り、落ち着いた読書と実りの9月が始まります。私の生活も、気分を一新して生活を立て直し、新たな出会いを求めて活動を開始します。勿論お母様の介護の手を抜かないように十分気をつけて、反省すべきことはしっかり反省して、これも刷新。
また、できるだけ早い時期に英語の日記も再開したいと思っています。MNEMO先生、ときどき添削お願いします。ものすごーく忘れてしまって、もはや中学3年の力もなくなっているらしい。これも立て直しです。受験生の皆さん、つたない英語でも許してね。参考にしないでください。悪文、誤文の参考にはなるかな。


  8月30日 (月)
台風16号は九州を縦断して中国地方に再上陸し、山口・鳥取上を通って日本海に抜ける見込みです。福岡のFさん、被害はありませんでしたか。通勤時間にぶつかっていますし、水不足から一転洪水の心配をしなければならない大変な事態ですね。無事通過してくれることを願っています。沖縄にいる妻は明日富山に戻るので、なんとか飛行機も飛んでくれるだろうと一安心。
こちらでも夜半に県内に近づくことが予想されるので作物の管理に万全の備えをという放送がはいりました。長野も朝から蒸し暑く南よりの風が吹いて台風の影響が次第に強くなっています。予想できないことが起こりうるので、まだ遠いところにいると安心しているわけにはいきません。

午前中は新しく取得した土地の所有者の方と一緒に司法書士宅を訪問し、所有の移転の手続きをしてきました。これでめでたく土地は私たち夫婦のものとなったわけです。もちろんこのあと造成がありさらにその上に家を建てるわけですから、物入りなことこの上なしです。これから税金の問題、確定申告の問題などクリアしなければならないことが山積みで頭が痛い。苦労を乗り越えて新しい環境を手に入れることができるということなのかな・・・。
午後、新しく作ったPCの電源をいれてびっくり。ハードディスクを認識せずエラーばっかり。BIOSで調べると全く認識していない。結局電源の差し込みが緩く通電していなかったと判明。それはそれで解決しましたが、次にサウンドカードのドライバを入れようとしましたが、カードをシステムが認識しない。そのうち妙なエラーが出始め、OSのCDからもリカバリー出来ないことに。どうもメモリの相性問題が微妙に絡んでいるようで、メモリを別のバンクに差し替えOSをインストールし直しました。PCは難しい。


  8月29日 (日)
大型台風16号がいよいよ接近。中心の気圧は少しあがったとはいえ、衛星写真で見る限り日本列島をすっぽり覆ってしまいそうなほどの巨大な台風です。沖縄本島はどうやら直撃を免れたようですが直下になる奄美諸島のみなさんは大変。進路にあたる九州・四国のみんさんも警戒し被害を最小限に食い止められるようにご用心くださいね。まもなく上陸して列島を総なめしていく恐れのある台風ですから稲や野菜・果樹などに被害がでないように万全の対策をとらないといけません。


話は変わりますが、バヌアツに行ったTさんお疲れ様でした。久しぶりの家族水入らずのひとときでしたね。Mちゃん、元気でやっていますか? 家族のみなさんと会えてよかったね。
Tさんは私の妹夫婦。長女のMちゃんが青年協力隊(JOCV)でバヌアツに派遣されて一年ちょっとになるので、夏休みを利用して長男もいっしょに思い切ってでかけたのです。私も彼女が行くまでバヌアツという名前はほとんど聞いた記憶がなく、さっぱり知識がありませんでした。
これまでも単身外国へ出かけていく活発なこの姪とはこれまでもメールでやりとりはしていましたが、今回は2年間と長期の派遣です。おそらくこの一年の間にも習慣や言葉の壁などで言われぬ苦労があったろうと察しています。しかしそれも笑い顔で吹き飛ばして、現地の学校を中心に子どもたちとともに活躍する彼女には本当に頭がさがります。甥も「わが妹ながらすごい。誇りに思える」と言っていましたものね。
今日は、その彼女から以前に受け取ったメールの中で、みなさんにも是非紹介したい一文があるので転載させてもらいますね。彼女の許可は受けていないけど、きっと私だけでなく他の誰かにも読んでほしいと思って書いたのだろうと勝手に想像して。

バヌアツはイギリスとフランスの両国統治の歴史を持ち、最近独立したばかりの新しい国です。
7月の独立記念日には盛大なパーティーがあり、みんなが心から独立を祝います。
でも実際は独立前のほうが英仏の手厚い援助があったため、暮らしやすかったという声も聞かれます。
今はほとんどイギリスはバヌアツから撤退し(フランスの影響はまだ残っているけど)、すっかり援助慣れしてしまったバヌアツは取り残され、なかなかひとり立ちできない状況です。
一緒に仕事をしていても、すぐに「お金がないからできない」とか「マテリアルがないから教えることができない」とか「日本はお金持ちなんだから援助してほしい」という声が多くて、「どうして頼ってばかりで、自分たちでもっとよくしていこうと思わないの!」といらいらすることもあることもあります。
でも過去の援助合戦の結果、こういう国にしてしまったのは一体誰なんだろうとも思ってしまう。
考えてみるとバヌアツの人々はある意味、被害者なんじゃないかとも思ってしまう。
本当はこの国の人たちは、白人の手が入らなくても十分に暮らしていけるんじゃないだろうか。
実際離島に行くと、電気も水もガスも何もなくても、バヌアツには神様が与えてくれた豊かな土壌があって、美味しいフルーツや芋やキャベツを食べて、人々は十分幸せに暮らしている。
島の暮らしに時計なんて必要ない。
日の出とともに一日が始まり、毎日ガーデンに行ったり、海に行ったり、歌を歌ったりして楽しく毎日を過ごしている。
暗くなるとランプの灯かりのもとでみんなで歌を歌ったり話をたりして床に就き一日が終わる。
家族や年長者を大切にし、みんな助け合いながら生活している。
子どもたちはよくお手伝いし、小さな弟や妹の面倒もよく見ている。
小さな子どもたちでもブッシュナイフを持って食べ物を採りに行ったり、サトウキビの皮を剥いたり、海で潜ったり釣りを覚えたり、たくさんの遊びを生活の中から自分たちで見つけ、すごくたくましく育っている。
信仰深く、日曜日には教会に行き、食事の前のお祈りを欠かさない。
日本人に失われつつあるものがこの国には確実に存在している。
でも、首都ポートビラはリゾート化されいつの間にか白人たちが溢れていて、徐々に治安も悪くなってきている。
街には仕事のない若者がふらふらし、昼間からビールを飲んでいる姿も見られる。
白人たちの過激なファッションに触発され、性犯罪も増えてきている。
観光客が来ることで、お金の価値というものを知り、商売というものを知るようになる。
そし